10/11(火曜日) 六日目

今日は飯田さんの晴舞台!ぼくは同行してサポートする。

本人もドキドキしているが、ぼくもワクワクドキドキ。いやが応にも気分が高ぶる。

NYじゅうでパフォーマンスをするということで、小道具や踊るための台を二人でかついでホテルを出た。

人が集まるところということで、まずは近くのメトロポリタン美術館へ。

緊張しつつ準備をして、噴水の前でいざ開始!

着物とゲタ履きで登場し、褌一丁で踊る飯田さんのパフォーマンスにニューヨーカーもびっくり!

たくさんの人が立ち止まり、遠足の小学生たちの大注目も浴びていた。

ぼくもカメラ撮影や見ている人へのチラシ配り、説明などで忙しい。

そして終了!じつに清清しく、そして誰にも怒られなかった!

これに気をよくして、飯田さんの怒濤のパフォーマンスが始まった。

 

次に行ったのはニューヨーク市立図書館。ゴーストバスターズにでてきた建物だ。

ここでは、図書館前の路上で敢行!またもニューヨーカーの視線を集める。

そして次に向かうはブロードウェイのタイムズスクエア!!あの有名な交差点。

二本の道路に挟まれた三角地帯で突然のパフォーマンス。

踊る飯田さんの左右を自動車がひっきりなしに通過していく様は凄まじい映像美だった。

この後、連戦で疲れたりしつつもまた移動。

 

こんどは国連本部前でのパフォーマンス。

人通りの少ないところだったけど、背景が国連本部のゲリラパフォーマンスってのがまたすごい。

 

かなりのハードワークだったので、あとはメインのWTC跡地でのパフォーマンスまで休憩することに。

 

WTC跡地近くのケンタッキーで時間を潰し、ようやく予定の時刻になったので現場へ。

夜は人通りもすくなくて、風も寒くなってきた。

静かな緊張が高まる中、飯田さんのパフォーマンスが始まった。

見ている人は少なかったが、見ているぼくはかなり緊張。怪訝な顔をする人にはブッこわれ英語で説明してあげる。

説明すればだいたいわかってくれて、じっと見ていてくれた。

そして無事終了!

おつかれ〜!!!

 

ということで、この後は見に来てくれたおうぞうさん達とビールで打ち上げしたのでした。

 

物怖じせずに挑む飯田さんの姿勢にはいつも驚愕させられる、そしてかなり勇気づけられた。

おれもやるぞー!!

 

ちなみに、飯田さんの芸術身体研究所のホームページでもパフォーマンスの写 真があるので、ぜひどうぞ!→コチラ

 

return