2007 10/13.14  舞踏公演 桜の樹の下のバサラつぎ

主催:ひめしゃら塾   後援:狛江市教育委員会、泉龍寺   制作:野口祥子(ひめしゃら塾  演出:飯田晃一(藝術身体研究所)

出演:野口祥子、飯田晃一、中川敬文、加茂直明、弦弓真理江、向井千惠  語り:小林弥栄子  舞台監督:呂師  音楽:小林拓馬、鹿島信治  美術:武田尋善

音響:稲浦俊介  照明:宇野敦子  プロデュース:伊藤則子  図匠・写 真:野口克也  協力:井山順子、和紙デザイン・久光寧子、竹島栄子、十二雅子、泉龍寺


作品を展示するだけでは飽き足らない。

作ったものが踊りだし、見ているほうもわくわくどきどきする

そんな祭りのようなことがしたいといつも思っていた。

初めての舞台美術、異様な緊張感とスピードとダイナミズムはまさに婆娑羅!

舞台は歴史あるお寺、借景は鐘楼と墓場。

さらに生演奏と暗闇と照明と踊り手とともに作ったものが動き、踊り出す!