武田尋善(たけだひろよし)

 

10代のころからなぜかインドが気にかかり、学生時代は専門学校アジア・アフリカ語学院にてヒンディー語を学ぶ。しかし初の渡印で訪れたのはヒンディー語の通じない南インド。  しばらくインドとは距離を置き巨大な壁面へのアクションペインティングや路上パフォーマンス、富士山頂ライブペイントなど60~70年代の前衛アートを模倣するような、派手な活動を行う。  しかしインドの縁は深く、パフォーマンスをしていた仲間とインドユニット『マサラワーラー』を結成。 日本各地でインドイベントを多数行い、インド通いを再開。さらに理解を深めるため、南インドタミル・ナードゥ州のタミル語を学習し始める。  2011年から、作品の主軸をいままでのアクリル絵の具による原色の絵画から、ボールペンによる細密なペン画に変更。理由は、いつでも手に入る材料で、どんなところにいても絵を描けるようにするため。  インドからの影響は作品にも反映され、以前からテーマにしていた『繰り返し』『陰陽』『螺旋』や仏教、ヒンドゥー教的な考え方がより表現されるようになった。  2014年からは木口木版(こぐちもくはん)に、翌 2015年からは銅版画に着手。 個展は年1~2回開催。また、各種企画展などにも参加。発表を行っている。
展示会、イベントの記録は こちら をクリック

 
 
 

Hiroyoshi Takeda

 

Birth 1977.Painter,Drawing,Wood Engraving,Clay Artist
I studied Hindi at Asia and the Africa language institute. And My soul was shaken by south Indian vivid color and human energy! I want to express impression that shakes the soul. Therefore, the painting, clay, the sculpture, the print, the wall painting, and the action painting, etc. challenge for everything. I hold a lot of one-man shows and the group exhibitions.