武田尋善(たけだひろよし)

 

10代のころからなぜかインドが気にかかり、学生時代は専門学校アジア・アフリカ語学院にてヒンディー語を学ぶ。しかし初の渡印で訪れたのはヒンディー語の通じない南インド。  しばらくインドとは距離を置き巨大な壁面へのアクションペインティングや路上パフォーマンス、富士山頂ライブペイントなど60~70年代の前衛アートを模倣するような、派手な活動を行う。  しかしインドの縁は深く、パフォーマンスをしていた仲間とインドユニット『マサラワーラー』を結成。 日本各地でインドイベントを多数行い、インド通いを再開。さらに理解を深めるため、南インドタミル・ナードゥ州のタミル語を学習し始める。  2011年から、作品の主軸をいままでのアクリル絵の具による原色の絵画から、ボールペンによる細密なペン画に変更。理由は、いつでも手に入る材料で、どんなところにいても絵を描けるようにするため。  インドからの影響は作品にも反映され、以前からテーマにしていた『繰り返し』『陰陽』『螺旋』や仏教、ヒンドゥー教的な考え方がより表現されるようになった。  2014年からは木口木版(こぐちもくはん)に、翌 2015年からは銅版画に着手。 個展は年1~2回開催。また、各種企画展などにも参加。発表を行っている。
展示会、イベントの記録は こちら をクリック

 

Hiroyoshi Takeda

 

I have been mesmerized by India since my teens. I studied Hindi at the Asia-Africa Linguistic Institute in Tokyo. Then I became drawn to South India and studied Tamil, as well.I was influenced by Indian folk art—Warli, Madhubani, and Gond painting, among others. I later devoted myself into Western, contemporary, and performing art for a certain period but always nurtured the Indian influence in my art.Now I focus on pen drawing and copper printmaking (etching).The inspiration of India is evident in my art, with its patterns of repetition, yin and yang, and spirals, and the themes and images of Buddhism and Hinduism.I wholeheartedly offer my works to the public through a solo exhibition twice a year and various planned exhibitions.